東芝、REGZAハイビジョンレコーダーにHDD&DVDのエントリー機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は8月19日、ハイビジョンレコーダーの新商品として、HDDとDVDドライブを内蔵した「REGZAハイビジョンレコーダー」3機種「RD-Z300」「RD-R200」「RD-R100」を発表した。9月上旬に発売する。

 全機種ともに、一覧性の高いヨコ表示、1行表示、より情報量が多い2行表示を選択できる高精細電子番組表を採用した。

  • 「RD-Z300」

  • 「RD-R200」

  • 「RD-R100」

 RD-Z300は、簡単に録画容量を増やせるUSB HDD録画に対応。MPEG-4 AVCによる7倍長時間録画、DVDにフルハイビジョン記録ができる「HD Rec」機能も搭載した。内蔵HDD容量は320Gバイト。店頭想定価格は6万5000円前後になる。

 RD-R200とRD-R100は、日付、チャンネル、番組開始時間を設定するだけで予約ができる「かんたん予約」や、電子番組表から録画ボタンを押すと予約が完了する「番組表一発予約」など、簡単操作を実現したとしている。HDD容量と店頭想定価格は、R200が1Tバイトで6万円前後、R100が320Gバイトで5万円前後になる。

 いずれも、自動的に電源が切れるまでの時間を設定できる「未使用時自動電源OFF」機能を搭載。電源を消し忘れや一定時間操作をしなかった場合に自動で電源が切れるエコモデルになる。

  • 「SD-310J」

 また、横幅を330mmに抑えた省スペースタイプのDVDプレーヤー「SD-310J」も発表した。発売は9月中旬。店頭想定価格は7000円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加