logo

NTTドコモ、コンテンツ事業者などに向け落雷情報を提供

松田真理(マイカ)2010年08月06日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは8月10日に、環境センサーネットワーク事業として落雷情報の提供を開始する。

 全国20カ所に、半径約480km範囲の落雷を検出できるセンサーを設置。これにより、落雷位置のリアルタイムな情報、検出した落雷位置や気象庁のデータをもとにした落雷確率の予報などを提供する。提供方法は、CSVファイルまたはウェブブラウザ表示を予定している。

 提供先は、エンドユーザー向けに情報配信を行う事業者など。落雷情報は、金融機関、損害保険会社、ゴルフ場などへの提供も視野に入れているという。サービス開始当初、導入企業は5社になる予定で、今後順次拡大する。

-PR-企画特集