logo

「Mumba」ボットネット、5万5000システムにデータ被害--AVG報告

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部2010年08月04日 09時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ企業AVGの報告書によると、ある犯罪組織がボットネットを利用して、60Gバイト以上のデータを盗み出したという。被害を受けたコンピュータは、世界中で約5万5000台にものぼる。

 AVGが「Mumba」と名づけたこのボットネットは、英国、米国、ドイツ、スペインのシステムに被害を与えたと、同社は米国時間8月2日に発表した報告書(PDF)で述べた。AVGの研究員らが発見した盗難にあった機密データには、銀行口座番号、クレジットカード詳細情報、ソーシャルネットワークのログイン情報などがある。

 AVGはブログ投稿で、「われわれの研究員がサーバ上で発見した変わった性質にちなんでMumbaと名づけられたこのボットネットは、Avalanche Groupとして知られるインターネット上の最も高度なサイバー犯罪グループの1つによって作成されたものである」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集