logo

日産や三菱自、京都市などが電気自動車プロジェクト--普及促進を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都市、日産自動車、三菱自動車工業、堀場製作所は共同で、電気自動車(EV)の普及促進、京都の交通事情に適した車利用システムの開発やエコドライブの普及促進について連携して取り組む「次世代EV京都プロジェクト」を立ち上げ、協定締結の調印を行った。

 次世代EV京都プロジェクトは、EVの普及促進を目指しEVへの転換と充電設備の整備を進めるとともに、充電設備の位置や使用状況などの情報提供システムを開発し、EVの利用環境の整備を図る。また、環境にやさしい車利用の普及促進として、パーク&ライドやカーシェアリングなどによる市内の交通量の削減と、効率的な車の使用システムの実証研究を進めていく。従来車両でもエコカー並みの燃費に近づけるエコドライブの普及を進めるとしている。

 堀場製作所は、今回の次世代EV京都プロジェクトへの参画を通じて、新たな役割の広がりとともに自動車環境分野における新しい環境技術の発展に貢献ができるものとしている。また京都市は京都議定書誕生の地でもあり、低炭素社会の実現に向けて、自動車の効率的な利用やEVなどの次世代自動車の普及に取り組んでいくとしている。

-PR-企画特集