logo

MSの新RADツール「KittyHawk」--.NETアプリの容易な構築を可能に

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子2010年07月20日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「KittyHawk」という開発コードでRapid Application Development (RAD)ツールに取り組んでいるという情報をわたしが得たのは、かれこれ1年前のことになる。

 つい先日、このKittyHawkに関する話を聞いたが、Microsoftからではない。MicrosoftはKittyHawkについて一切コメントをしていない(聞いてみたが無駄だった)。

 だが、わたしの情報源からは以下のような情報を得られた。

 KittyHawkは、Microsoftのこれまでの開発者コミュニティーの外にいる開発者向けに.NETを容易にする取り組みだ。Microsoftが先に発表したツールスイート「WebMatrix」もその1つとなるが、WebMatrixはウェブアプリケーションを開発する開発者をターゲットにしたものだ。

 一方、KittyHawkはビジネスアプリケーションの開発に興味を持っているビギナーをターゲットとしている。わたしの情報源によると、Fox/Accessスタイルの開発を.NETにもたらすのが狙いという(「Visual FoxPro」を覚えているだろうか?Microsoftがそれほどサポートしていないにもかかわらず、活発でしっかりしたFoxコミュニティーがいまも存在し、Foxをプッシュしているのだ)。

 匿名を条件に情報を提供してくれたわたしの情報筋は、「KittyHawkはExcel/Accessに精通した企業の開発者をターゲットとしている。ドラッグ&ドロップやテンプレートを多用するビジュアル設計ツールで、コードベースではないがコードを書くこともできる」と述べた。

 うわさによると、KittyHawkは「Silverlight 4.0」とXAMLコードを生成するという。

 わたしは、KittyHawkが新しい別の「Visual Studio」のSKUとして登場すると予想している。うわさでは、Microsoftは2010年8月にKittyHawkに関する詳細情報を明らかにするという(ひょっとして、その頃にベータが出てくるのかもしれない)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集