logo

「iPhone 4」のアンテナ問題--アップルの説明とそれに対する疑問点 - (page 4)

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月07日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webb氏は、Appleがユーザーに対して、アンテナを覆うような持ち方で本体を握らないよう伝えたのは正しいことだと考えている。

 「この設計は人間の手による接触に対して、ほかの設計よりも敏感なようだ。しかし、わたしは必ずしもこれが設計上の欠陥だとは思わない。AppleはiPhone 4を可能な限り薄くして、クールな設計を目指した。そして、同社はリスクを冒した。しかし、それは簡単には対処できない、という問題ではない」(Webb氏)

 iPhone 4に対する一部のテストは、同デバイスの新しいアンテナの受信感度が実際には旧モデルよりも向上していることさえ示唆している。ウェブサイトAnandTechはさまざまな持ち方で、iPhone 4と、Googleの「Android」を搭載した「Nexus One」をテストした。例えば、本体を強く握ったり、開いた手のひらに載せたり、テーブルの上に置いたりしてテストを行った。

 テスターは、iPhone 4もNexus Oneも持ち方によって受信感度がある程度弱まることを発見した。しかし、iPhoneの方が、持ち方の違いによる感度と電波強度の変動が大きいようである。

 これらのテスト結果で興味深いのは、電波の弱い状況では、iPhone 4の方が実際にNexus OneやiPhone 3GSよりも優秀だったということだ。しかし、iPhone 4の持ち方を変えると、接続状況も影響を受ける。

 AnandTechはブログに次のように記している。「iPhone 4では、バー1本、-113dBmの状態で非常に多くの通話とデータを同時に利用し続けることができたが、こんなことは初めてだった。そのため、iPhone 4の新しいベースバンドハードウェアが、3GSに搭載されていたものよりもはるかに感度が高いことは明白だ。異なるのは、iPhone 4では、実際に使ったときの受信感度がはるかに優れているということだ」

 では、このことはiPhone 4ユーザーにとって何を意味しているのだろうか。Steve Jobs氏の最初のアドバイスはやはり有効だ。それは、ただ本体の持ち方を変えるというものだ。ソフトウェアアップグレードによってこの問題が解決される可能性は低いと思われる。しかし、アンテナを覆わないようにすることで、問題を解決することは可能だろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]