「iPhone 4」のアンテナ問題--アップルの説明とそれに対する疑問点 - (page 3)

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月07日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この問題の最重要点

 iPhoneはアンテナが覆われることに対してほかのデバイスよりも敏感であると考えると、真の問題が見えてくる。

 iPhone 4の外側の細い線を覆うと通話に障害が生じる場合があることは、Appleも認めている。この問題に関しては何度もテストが行われた。そして、米CNETが実施したテストでも、これらのテストと同じ結果を再現することができた。

 Appleを擁護すると、どのような携帯デバイスでも、アンテナ部分を覆うと電波品質が低下し、最後には通話が切れる可能性がある。その昔、人々が大きなれんがのような携帯電話を持ち歩いていたころ、アンテナは本体の上部から突き出ていた。初期のフリップ式携帯電話でさえも、伸縮式アンテナを備えていた。携帯電話の外観に対するユーザーの好みが変わるにつれて、アンテナは目に見える場所から消えていった。

 しかし、携帯電話は無線デバイスであり、すべての無線デバイスにはアンテナが必要だ。デバイスをクールで見栄えのいいものにすることと引き替えに、アンテナの位置が外から見えなくなり、ユーザーがうっかりアンテナを覆ってしまうという問題が発生する。

 Apple自身もこの事実を説明しようとしている。しかし、iPhoneはアンテナが覆われることに対してほかのデバイスよりも敏感だと一部のユーザーが不満を訴えていることも、同社は認めた。

 「まず、ほとんどの携帯電話は、特定の持ち方をすることで受信状態が悪くなり、受信状態を示すバーが1本以上少なくなることがある。これはiPhone 4でもiPhone 3GSでも、あるいは多くのDroid、Nokia、RIM製の携帯電話でも同じだ。しかし何人かのユーザーからiPhone 4の場合、本体のメタルバンドの左下角にある黒い切れ目を覆うようにして強く握ると、バーの数が4本か5本も少なくなると報告されている。これは通常よりはるかに大きな低下であり、iPhone 4のアンテナの設計の問題であると指摘する声がでてきている」(Appleの声明)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]