「Windows 8」の社外秘文書、ウェブに流出か--顔認識や起動時間改善など言及 - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年06月29日 10時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft Journalが掲載したスライドでは、先に挙げた機能以外にも、スライド作成時点における開発の進捗状況が示唆されている。このスライドには、ハードディスクの暗号化について、Microsoftが「M1」の前に依然としてフィードバックを収集したがっていることに言及した箇所がある。同社は通常、内部マイルストーンビルドのことを「M1」「M2」と呼ぶ。したがって、このことは、少なくともスライド中の文書を作成した時点において、Windows 8がテスト段階ではなく、まだ計画段階にあったことを示している。

 またスライドからは、MicrosoftがWindows 7で打ち出したテーマが、次期OSにも一部引き継がれている様子がはっきりと見て取れる。Windowsを消費者に売り込む方法、およびPCメーカーとの協力体制の改善に関するテーマだ。スライドには、Windows 8の設計に当たって、PCメーカーが自社システムに独自色を出す機会を増やすことを目標に掲げるとの記述がある。

 Microsoftは「Windows Vista」以降、ハードウェアメーカーとの関係改善を目的として、メーカー各社と定期的な会合(「Forum」と呼ばれる)を開催している。複数のコンピュータメーカーの証言によると、Windows 7の設計およびテスト段階では、コミュニケーションに著しい改善が見られたという。

 Microsoft Journalが掲載したスライドには、「Forum II」への言及もある。Microsoft Kitchenが掲載した4月の日付のスライドは、Forum IIを重点的に取り上げている。したがって、これらのスライドは、おそらくコンピュータメーカー各社との会合で使用されたものと考えられる。スライドにはそのほか、12月の日付を記した「Forum I」への言及があり、また、時期未定の今後のイベントについても列挙されている。

 なお、別のファンサイトNeowinによると、流出したスライドにはWindows 8向けアプリストアの計画に関する言及もあるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]