logo

発明したのは「300年間成長し続けるかもしれない組織構造」--孫社長がビジョンを語る

坂本純子(編集部)2010年06月28日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは6月25日、代表取締役社長の孫正義氏がソフトバンクにおける今後のビジョンや戦略を語る「新30年ビジョン発表会」を開催した。孫氏が「今までの私の人生で一番大切なスピーチ。30年に1回の本気の大ボラ」と表現する渾身のスピーチは2時間以上に及んだ。

 株主総会終了後に開催し、株主ほか、Twitterを通じて一般からも1000名を招待。スピーチの映像は、ウェブサイトでも公開されている。

企業理念は、「情報革命で人々を幸せに」

  • ソフトバンクの企業理念

 ソフトバンクでは、このスピーチに向けて社内で「30年ビジョンプレゼン大会」を開催。今後30年、なにをどうして行きたいのかなど社員からさまざまな意見を集めたほか、Twitterを通じて、「人生で最も悲しい事は何だろう?」「人生で最も幸せを感じる事ってどんな事なんだろう?」「30年後への思い」などいくつかのテーマを問いかけ、一般からも意見を募っていた。

 ソフトバンクは、何のために会社を経営するのか。一言で表すならば「情報革命で人々を幸せにしたい」と孫氏は言う。

 「上場会社で、一般の企業だから利益も上げないとならない。新しい製品も出さなければならないし、料金競争もしなきゃならない。それが今日現在の現実。だが、その現実のためだけに人生を過ごしたならば、何のための人生か」と語った。

 Twitterで寄せられた意見などをもとに、人生の最大の悲しみを一言で表現するなら「孤独」であり、人間の最大の幸せは千差万別だが、ひとくくりにすればさまざまな「感動」であると結論付ける。

 「1人でも多くの人に多くの感動を得て欲しいと思う。情報革命で人々を幸せに。これがただひとつ成したいこと。すぐれた製品を作ること、料金競争をしてお客様を1人でも増やすこと、それが最大の目標ではない。提供することで、人々が幸せを感じてくれて、悲しみを減らす。感動の和を広げていきたい」と語った。

 では、その理念をどうやって実現していくのか。「30年ビジョンと言ったが、30年では足りない。これが最後の大ボラだから、ついでに300年のビジョンをつくってみた」とした。

-PR-企画特集