F5、日本IBMとの協業でウェブアプリケーション向け高速化製品「BIG-IP」を提供

富永恭子(ロビンソン)2010年06月24日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F5ネットワークスジャパン(F5)は6月23日、日本IBMと協業し、同社のクラウド基盤向けパフォーマンス最適化ソリューションを通じて「BIG-IP WebAccelerator(BIG-IP)」の提供を開始すると発表した。

 今回の協業により、BIG-IPは「WebAcceleratorモジュール(WebAccelerator)」とともに、IBMのクラウド基盤向けウェブアプリケーション、およびネットワークパフォーマンス最適化ソリューション「アプリケーション・アンド・ネットワーク・パフォーマンス・オプティマイゼーション(ANPO)−クラウド・コンピューティング」(ANPO for Cloud Computing)を通じて提供されるという。

 BIG-IPは、ダイナミックコンテンツを含む、あらゆるウェブアプリケーションに有効な高速化製品。クラウド環境下におけるアプリケーションパフォーマンスの最適化ソリューションのひとつとして、今回、IBMが提供するANPO for Cloud Computingのラインナップに加えられた。ANPO for Cloud Computingは、クラウドインフラストラクチャへの移行や構築に向け、ウェブアプリケーションのパフォーマンスを最適化、高速化するための設計と機器導入を提供するサービス。ポータル、CRM等のウェブアプリケーションのレスポンスの悪さを解消することによる、リモートユーザーやモバイルユーザーの作業効率向上と、インフラの有効利用によるコスト削減を支援するとしている。

 WebAcceleratorモジュールは、BIG-IP Local Traffic Managerへのアドオンモジュールとして搭載することで、リモートオフィスやモバイルなどの環境からアクセスされるウェブアプリケーションのパフォーマンスを高めるための包括的な機能を提供するという。

 これらの製品は、ブラウザのキャッシュ機能を制御し、変更されたコンテンツのみをリフレッシュする。これにより、スタティックデータおよびダイナミックデータのダウンロード時間の短縮といった課題を解決して、ユーザーエクスペリエンスを向上するとしている。また、ネットワークを流れるデータ量を最小限に抑えられるため、使用帯域幅を劇的に節約するほか、プリセットされたアプリケーション高速化ポリシーテンプレートの採用により、導入後、短時間でウェブアプリケーションの高速化を実現するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加