logo

マイクロソフトの企業向けクラウド、国内でのユーザー数が20万を突破

ZDNet Japan Staff2010年06月22日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月22日、企業向けクラウドサービス「Microsoft Online Services(MOS)」の日本国内の有料サービス利用者が20万ユーザーを突破したと発表した。

 Microsoft Online Servicesは、世界中で4000万ユーザー以上に利用されている企業向けクラウドサービス。日本においては、2009年4月より、Exchangeによるメール機能や、Officeファミリーによるコラボレーション機能などをセットで提供する「Business Productivity Online Suite(BPOS)」の提供を開始しており、約1年での20万ユーザー達成となる。

 マイクロソフトによれば、日本では、リクルート、UQコミュニケーションズ、日産自動車などで既にMOSが採用されており、その他の多くの企業、団体で急速に採用が進んでいるという。また、販売支援パートナープログラムには、2010年6月現在で、日本国内において300社以上の登録があるといい、これは2009年9月時点での日本でのサービス開始時に比べ10倍以上であるとしている。マイクロソフトにおいても、この1年の間に価格改訂、「Exchange Online Standard」の標準のメールボックス容量の25Gバイト化、日本語サポートスタッフの増強といったサービスの拡充を行っており、今後も四半期に1回の頻度でサービスの拡充を続けていくとしている。

-PR-企画特集