logo

フォトレポート:時代を振り返る--歴代「Windows」の起動画面

文:Greg Shultz(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年06月22日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftは、「Windows」OSの登場以来ずっと、OSの読み込み中にユーザーの気を紛らわす手段として起動画面を用いてきた。Windowsの起動画面は、それ自体に気晴らしとしての価値があるのに加え、場合によっては時間がかかる起動プロセスの進行状況について、何らかのフィードバックを提供することが多い。

 ここでは、「Windows 1.01」から「Windows 7」にいたる、すべての起動画面を紹介する。

 Microsoftは、「Windows」OSの登場以来ずっと、OSの読み込み中にユーザーの気を紛らわす手段として起動画面を用いてきた。Windowsの起動画面は、それ自体に気晴らしとしての価値があるのに加え、場合によっては時間がかかる起動プロセスの進行状況について、何らかのフィードバックを提供することが多い。

 ここでは、「Windows 1.01」から「Windows 7」にいたる、すべての起動画面を紹介する。

 Microsoftは、「Windows」OSの登場以来ずっと、OSの読み込み中にユーザーの気を紛らわす手段として起動画面を用いてきた。Windowsの起動画面は、それ自体に気晴らしとしての価値があるのに加え、場合によっては時間がかかる起動プロセスの進行状況について、何らかのフィードバックを提供することが多い。  ここでは、「Windows 1.01」から「Windows 7」にいたる、すべての起動画面を紹介する。

-PR-企画特集