アップル、「Apple Store」アプリを公開--「iPhone」から製品購入を可能に

文:Don Reisinger(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉2010年06月16日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月15日、「iPhone」や「iPad」向けにApple Storeアプリケーションを米国で公開した。

 「Apple Store」と名前が付けられたこのアプリケーションにより、「Apple製品およびアクセサリの購入、カスタマーレビューの閲覧、Apple直営店の検索、店舗内イベントに関する最新情報の入手、および『Personal Shopping』『Genius Bar』『One to One』の予約が可能になる」という。

 また、米国ユーザーはApple StoreアプリからiPhone 4を予約できる。このアプリから予約すると、6月24日に送料無料で購入者に発送される予定だ。また、Appleから直送されるiPhone 4は「すぐに使える」状態だ、と同社は宣伝している。

 全体として、Apple Storeアプリはうまく設計されているように見える。プログラム下部にあるナビゲーションバーにより、顧客はiPhone、iPad、「Mac」「iPod」など購入可能な製品を閲覧できる。また、「Stores」タブも備えられ、ここから一部の店内オプションにアクセスできる。アプリから複数の製品をまとめて購入することも可能で、ユーザーは手続きの途中でショッピングカートの中身を見たり、修正したりできる。

「Apple Store」アプリ 「Apple Store」アプリ
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加