logo

[ウェブサービスレビュー]右クリックからもアップロードOKのファイル転送サービス「shared file」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DoEvery
内容:「shared file」は、最大50Mバイトまでのファイルに対応した、国産のファイル転送サービスだ。会員登録不要でデータを手軽に送受信できるほか、ブラウザを経由しない専用ユーティリティを用いて右クリックからのアップロードにも対応する。

 「shared file」は、国産のファイル転送サービスだ。最大50Mバイトまでのファイルをブラウザ経由でアップロード、ダウンロードできるので、メールには添付しづらい大きなファイルを手軽に相手に送ることができる。

  • 「shared file」トップページ。会員登録なしでアップロードが可能。アップロードできるファイルサイズの上限は50Mバイトまでとされている

 ほかのファイル転送サービスと比較した際の「shared file」の大きな特徴は、そのシンプルさにある。サイトにアクセスするとトップページにファイルアップロードのためのフォームが表示されており、ここからすぐにファイルをアップロードできる。ほかのサービスのように会員登録をする必要はない。

  • アップロード完了。表示されているURLをメールに貼り付けて相手に送信すれば通知は完了だ。追加アップロードも可能

 ファイルのアップロードが完了するとURLが表示されるので、これをメールの本文に貼りつけて相手に送る。相手は送られてきたURLを表示し、ページ内に書かれたダウンロードURLをクリックしてファイルを入手する。実にシンプルな仕組みだ。あまりにもシンプルすぎて不安であれば、ダウンロードの際にパスワードが要求されるよう設定もできる。

 参考までに筆者環境での転送速度を記すと、下図のようになった。速度的なメリットはあまりないと言えるだろう。

動画ファイル(30Mバイト)の転送速度比較
サービス名アップロードダウンロード
shared file約2分50秒約1分44秒
宅ふぁいる便約2分47秒約0分40秒
データ便約3分10秒約1分05秒

 最も、他サービスのように会員登録や相手先のメールアドレスの記入といった手間が不要なぶん、転送開始までの作業時間が短くてすむのはメリットだ。宅ふぁいる便のようにサイト上から相手にメールを発信する仕組みだと、相手に対して「いま宅ふぁいる便でファイルを送りました」と別途メールで知らせる必要があるが、本サービスであればURLを通知するメールに一本化できるので便利だ。

 このほか、ブラウザを経由せず、Windowsのコンテクストメニューの「送る」から直接アップロードするためのユーティリティが用意されているのも面白い。いちいち本サービスのトップページを開くことすらわずらわしいという場合は、このユーティリティを用いてファイルをアップロードするとよいだろう。

 ウェブブラウザ経由だとアップロードの進捗がいまいち見えにくいほか、任意で設定できるパスワードの入力ページがSSLでないなど、見直しが必要と思われる箇所もなくはないが、国産でこうしたシンプルなサービスは珍しく、今後の展開に期待が持てる。シンプルに使える転送サービスを探しているユーザーはブックマークに登録しておくとよいだろう。

  • 通知されたURLを開いたところ。ダウンロードURLが記されているので、クリックしてダウンロードする。なお、アップロードしたファイルは1カ月を過ぎると削除される

  • 不特定多数へのファイル配布を防ぐため、ダウンロードには最大10回までの制限が設けられている

  • パスワード保護も可能。パスワードを設定すると右上の安全度の表示が「高」に変わる

  • 送信者名を入力することもできる

  • 右クリックからファイルをアップロードするためのユーティリティも用意されている。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000

  • ユーティリティを用いてアップロードしているところ。ホームページを経由せずにアップロードができるのは便利だ

-PR-企画特集