logo

サムスンからマルチディスプレイシステム--3面、6面構成が可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サムスンは6月9日、23インチワイド液晶モニタを利用したマルチディスプレイシステムを発表した。3面マルチディスプレイ「MD230x3」(23インチ×3面)と、6面マルチディスプレイ「MD230x6」(23インチ×6面)の2機種をそろえる。発売は7月中旬。価格はオープンだが、市場想定価格はMD230x3が27万8000円、MD230x6が44万8000円。

 マルチディスプレイシステムは、フルHD対応の23インチワイド液晶ディスプレイを組み合わせることで、AMDのATI Eyefinity Technology対応のマルチディスプレイを実現するというもの。MD230x3では横表示×3面および縦表示×3面の組み合わせに対応し、MD230x6では横表示×6面(縦2面×横3面)に対応する。

 MD230x3では横画面設置時に最大5760×1920(約61インチ相当)、縦画面設置時には3240×1920(約41インチ相当)に、MD230x6では最大5760×2160 の大画面(約68インチ相当)を構築でき、従来1画面では見えなかった画面領域を表示する。ハイクオリティを求めるコントロールルームなどでの利用に最適とのことだ。

マルチディスプレイシステム マルチディスプレイシステム

 上部9.4mm、下部8.2mm、左右7.6mm の超薄型ベゼルを採用し、マルチディスプレイ構築時のベゼル幅は合計で20mm以下。PVAパネルの採用により、ダイナミックコントラスト比15万対1で、引き締まった黒や鮮明で深みのある色を再現するとしている。

 さらに、スタンド一体型のマルチディスプレイシステムをオールインワンパッケージで提供。専用スタンドに加えて、画面同士を接続する専用の接続金具類を同梱する。接続金具は背面に備えられたネジ穴を利用して、簡単に設置できるという。接続した画面は30度の角度調整ができ、スタンドの高さ調整など、使用環境にあわせたフレキシブルな設置が可能だ。

 入力端子は、ディスプレイポートやD-Sub15ピン端子、DVI-D端子を搭載。さまざまな入力シーンに対応する。リモコンによる6つのモニタの入力切換や輝度調整などの操作も可能だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集