logo

シャープ、フレーム幅6.5mmのマルチディスプレイシステム--デジタルサイネージに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは6月7日、世界最狭のシステムフレーム幅6.5mmを実現した、マルチディスプレイシステムを発表した。8月31日に発売する。価格はオープン。

 液晶ディスプレイには、大幅な狭額縁化を図った60V型の「PN-V601」を採用。隣接するディスプレイ間のフレーム幅が6.5mmと薄いためフレーム間のつなぎ目が目立たず、1台の大画面ディスプレイのように利用できる。

 たとえば縦3面につなげると、103V型相当の大画面が構成できる。エンラージ(拡大)表示機能は最大で25面(5×5面)まで可能としている。運搬や設置作業はディスプレイ単体ででき、より容易な導入を実現する。

 直下型のLEDバックライトの採用により、CCFL方式のバックライトに比べて輝度均一性を向上。マルチディスプレイシステム構成時には、全体の輝度ムラを低減できるとしている。設置場所の照度にあわせてバックライトの輝度をコントロールできる「明るさセンサー」も搭載した。

 また、PN-V601とコントロールキット「PN-ZR01」(オプション)の組み合わせにより、1つのリモコンですべてのディスプレイを操作できる。さらに、DVI-Dやコンポーネント、LAN端子などの入出力端子を追加するインターフェース拡張ボード「PN-ZB02」(オプション)の内蔵が可能だ。

  • 旧製品、現行品、新製品のフレーム幅の比較

  • 床面に設置したイメージ

  • 発表会場では、正面に横6枚×縦5枚の計30枚、床面に横6枚×縦4枚の計24枚、合計54面を組み合わせた

マルチディスプレイシステム マルチディスプレイシステム
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集