logo

新たなタブレット「Kno」が登場--14インチデュアルスクリーンを搭載

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年06月04日 12時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新興企業Knoは米国時間6月2日、D: All Things Digitalで新しいタブレット端末「Kno」を発表した。Knoは14インチのスクリーンを2つ搭載し、OSにはタッチベースのLinuxを採用している。学生をターゲットにしており、価格は明らかになっていないが、1000ドル以下を目指しているという。発売は2010年末を予定。

 同社の最高経営責任者(CEO)Osman Rashid氏は、Knoは画面ごとに個別のバッテリパックを備えており、バッテリの駆動時間は8時間になる予定だとしている。

画像の説明 Knoを手にする最高経営責任者(CEO)Osman Rashid氏
提供:Ina Fried/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集