logo

アドビ、「Photoshop CS4」の重大な脆弱性に修正パッチを公開

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2010年05月28日 13時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Photoshop」ユーザーは、新しいブラシ、グラデーションなどをダウンロードしてソフトウェアの機能を拡張することを好むが、こうした機能を利用した攻撃を招く可能性があることが明らかになった。

 Adobe Systemsは米国時間5月26日、WindowsおよびMac OS Xに対応するこれまでのPhotoshop CS4版を対象に、「Photoshop CS4 11.0.2」へのセキュリティアップデートを公開した。

 「WindowsおよびMacintosh対応のPhotoshop CS4 11.0.1版とそれ以前のバージョンに、攻撃者に悪用された場合、影響を受けるシステムの乗っ取りを許すおそれのある重大な脆弱性が発見された。悪意ある『.ASL』『.ABR』『.GRD』ファイルをユーザーがPhotoshop CS4で開いた場合、攻撃者にこの脆弱性の悪用を許すおそれがある」と、Adobeはアドバイザリに記している。ASL、ABR、GRDファイルは、それぞれレイヤスタイル、ブラシ、グラデーションに関係する。

 新たにリリースされた「Photoshop CS5」はこの脆弱性の影響を受けない、とAdobeは説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集