トヨタ、米電気自動車ベンチャーのテスラと業務提携--5000万ドル出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車と米Tesla Motorsは5月21日、電気自動車(EV)とその部品の開発、生産システム、技術に関する業務提携を実施していくことで基本合意したと発表した。

 今回の業務提携に伴い、トヨタはTeslaに対して総額5000万ドルを出資し、Tesla株を保有する。今後両社は専門チームを組織し、具体的な提携業務の内容や対象範囲などについて、検討を開始する。

 Teslaは、徹底的なコスト削減を通じて、ユーザーに手頃な価格でのEVの提供を目指すベンチャー企業。EVなどの構成部品の設計・生産を実施しており、現在米国で唯一高速道路で走行できるEV「Tesla Roadster」を生産、販売している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加