ビクター、小型ユニット搭載で遮音性と高解像度サウンドを両立「HA-FXC71/FXC51」

加納恵(編集部)2010年05月19日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは5月19日、口径5.8mmというコンパクトサイズの「マイクロHDユニット」を搭載したインナーイヤーヘッドホン「HA-FXC71」(FXC71)と、「HA-FXC51」(FXC51)を発表した。6月上旬に発売する。店頭想定価格はFXC71が6000円前後、FXC51が4000円前後になる。

 両機種ともに音筒部の先端にドライバユニットを配置した独自の「トップマウント構造」を採用した。耳穴により深くドライバユニットを入れることで、遮音性と高解像度サウンドを両立できるという。

 マイクロHDユニットの振動板素材は、比重が軽く、伝搬速度が速いカーボンを使用。これによりダイナミックな低域再生と濁りの少ない高解像度サウンドを実現させたとしている。

 上位機となるFXC71は、「デュアルシリンダー構造」とステンレス素材の「メタルハウジング」の採用により振動ロスを低減。ボディ内部には制振ジェルを内蔵することで、コードから伝わるタッチノイズも抑える。

 いずれも1.2mのコードを装備。S、M、Lのシリコンイヤーピース、コードキーパー、クリップ、キャリングポーチが付属する。FXC71はブラックとホワイトの2色、FXC51はブラック、レッド、ホワイトの3色展開となる。

  • HA-FXC71

  • HA-FXC71の内部構造

  • トップマウント構造

「HA-FXC71/FXC51」 「HA-FXC71/FXC51」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加