logo

グーグル、オンラインの「Nexus One」ストアを閉鎖

文:Sam Diaz(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部2010年05月17日 09時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月14日、同社がHTCの「Nexus One」を購入する新しい方法として1月に立ち上げたオンライン携帯電話ストアを閉鎖することを明らかにした。

 ご記憶の方もいると思うが、Googleは携帯電話の販売方法を変えるという壮大なビジョンを抱いていた。Googleの狙いはデバイス(当初はNexus One)を中心にストアを構築し、顧客自身がキャリアを選択できるようにすることだった。同サイトは当初、T-Mobileと提携していたが、その後、VerizonとSprintが順次追加され、海外の顧客向けにはVodafoneが追加される予定だった。

 しかし、その後Verizonは撤退し、Nexus Oneを捨てて同デバイスにそっくりの「Droid Incredible」を採用した。いずれもHTCが製造するデバイスだ。そして、Sprintも同様に方針転換を行い、Nexus Oneを捨てて、同じくHTC製デバイスである「Evo 4G」を選択した。

 一体、何が起きたのだろうか。Googleはブログ投稿で、それを的確に説明している。

 「Android」プラットフォームの世界的な普及はわれわれの予測を上回るものだったが、オンライン携帯電話ストアはそうではなかった。このストアは未だにアーリーアダプター向けのニッチなチャネルに留まっている。しかし、多くの顧客が携帯電話購入前に実際にそれを体験したいと考えていることは明白であり、また、多彩なサービスプランから選択できることも望んでいる。

 こうした理由から、Googleは小売店を通してNexus Oneをより簡単に入手できるようにし、オンライン「ストア」をオンライン「ショールーム」に近いものに変更する考えだ。ユーザーはこのショールームで、全ての「Android」搭載携帯電話を確認することができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集