logo

シャープ、携帯電話などモバイル機器向けの3Dカメラモジュールを開発

加納恵(編集部)2010年05月12日 18時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは5月12日、720Pのハイビジョン3D映像が撮影できる、モバイル機器向けのカメラモジュールを開発したことを発表した。7月にサンプルを出荷し、2010年中に量産を開始する。

 開発されたカメラモジュールはコンパクトボディの中に、右眼用、左眼用の2つのカメラを内蔵。左右のカメラが出力する映像の色や明るさを調整する「カラーシンクロ」、映像信号のタイミングを同期化する「タイミングシンクロ」、位置ずれを調整する「光軸調整」などの機能を備え、3D映像の撮影を実現したという。

 同社が長年培ってきた高密度実装技術をいかしたコンパクトな形状で、デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンなど、モバイル機器への搭載を見込んでいる。

 シャープでは、4月にモバイル端末向けのタッチパネル付き3D液晶ディスプレイと、大画面の3D液晶ディスプレイの開発を発表している。

  • ハイビジョン対応、モバイル機器向け3Dカメラモジュール

  • 3Dカメラリアルタイムデモ

-PR-企画特集