logo

KDDI、RFIDリーダ/ライタ対応の法人向けケータイを開発へ

松田真理(マイカ)2010年05月10日 19時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは5月10日、RFIDリーダ/ライタ機能を搭載したSDIOカード対応の法人向け携帯電話「E05SH」を開発すると発表した。SDIOカードとは、SDメモリーカードと同じ端子のカードスロットを使う拡張カードの規格だ。

 E05SHは、構内PHSまたは無線LANに対応するSDIOカードが装着できる法人向けモデル。今回、物流や物品管理などに活用されているRFIDリーダ/ライタ機能を新たに搭載する。なお、開発にあたっては、総務省の「ユビキタス端末技術の研究開発」プロジェクトでの成果を一部活用するという。

 また、オープンなアプリケーションプラットフォーム「.net by au」をRFIDに対応させる。

 発売は2010年度中の予定。賛同メーカーと連携し、携帯電話を活用したRFIDソリューションの提供も検討している。

-PR-企画特集