logo

フォトレポート:Palm製品、進化の歴史を振り返る

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年05月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 PCメーカーのHewlett-Packard(HP)は米国時間4月28日、PDAとスマートフォンを開発するPalmを買収すると発表した。ここでは、Palm製品の進化の歴史を振り返る。

 その歴史の始まりにあったのは「PalmPilot 1000」と「同 5000」だった。PalmPilot は1996年に発表され、128Kバイトのメモリ、16MHzの「DragonBall」プロセッサ、「Palm OS 1.0」と解像度160×160ピクセルのディスプレイを搭載していた。

 Palmは、PalmPilotシリーズを18カ月で100万台出荷した。しかし、「Pilot」という名称は、筆記具メーカーのパイロットコーポレーションからの訴えにより製品名から除かれることになった。
Scroll Right Scroll Left

 PCメーカーのHewlett-Packard(HP)は米国時間4月28日、PDAとスマートフォンを開発するPalmを買収すると発表した。ここでは、Palm製品の進化の歴史を振り返る。

 その歴史の始まりにあったのは「PalmPilot 1000」と「同 5000」だった。PalmPilot は1996年に発表され、128Kバイトのメモリ、16MHzの「DragonBall」プロセッサ、「Palm OS 1.0」と解像度160×160ピクセルのディスプレイを搭載していた。

 Palmは、PalmPilotシリーズを18カ月で100万台出荷した。しかし、「Pilot」という名称は、筆記具メーカーのパイロットコーポレーションからの訴えにより製品名から除かれることになった。

提供:CNET

 PCメーカーのHewlett-Packard(HP)は米国時間4月28日、PDAとスマートフォンを開発するPalmを買収すると発表した。ここでは、Palm製品の進化の歴史を振り返る。  その歴史の始まりにあったのは「PalmPilot 1000」と「同 5000」だった。PalmPilot は1996年に発表され、128Kバイトのメモリ、16MHzの「DragonBall」プロセッサ、「Palm OS 1.0」と解像度160×160ピクセルのディスプレイを搭載していた。  Palmは、PalmPilotシリーズを18カ月で100万台出荷した。しかし、「Pilot」という名称は、筆記具メーカーのパイロットコーポレーションからの訴えにより製品名から除かれることになった。

-PR-企画特集