S・ジョブズ氏、D: All Things Digitalカンファレンスのインタビューに登場へ

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年04月28日 13時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Steve Jobs氏はあまりインタビューに応じない。そのため、インタビューを受けるとなると非常に大きな注目を集める。

 テックブログのAllThingsDは米国時間4月27日、カリフォルニア州パロスバーデスで6月1日〜3日にかけて開催が予定されている8度目の年次カンファレンスD: All Things Digital(D8)で、Steve Jobs氏が注目を集めることになると発表した。Jobs氏は初日夜にメインインタビューを受ける予定となっている。

 The Wall Street JournalのWalt Mossberg氏とAllThingsDのKara Swisher氏がインタビューを行う。

 Jobs氏がD: All Things Digitalカンファレンスに登場したのは、2007年が最後である。Microsoftの創業者であるBill Gates氏とのジョイントインタビューで、二人はテクノロジーにおける双方の偉業について意見を述べあった。

 D8のスケジュールにGates氏の名前はないが、Mossberg氏とSwisher氏にはJobs氏に聞きたいことが山のようにある。特にSwisher氏は、iPadのこと、AppleとGoogleの関係について質問すると述べた。また、「4G iPhone」とGizmodoの状況についても何かしら言及されるのではないかとみられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加