logo

NTTデータ、CO2排出権仲介サイトを試験運用--手続き期間を2週間に短縮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは4月19日、2010年3月から2カ月間実施した「CO2排出権オンライン仲介サイト」の試験運用の結果を発表した。申し込みから受け渡しまで通常1カ月間かかる手続き期間を約2週間に短縮したという。

 この試験運用は、排出権の売り手と買い手のマッチング手続きの検証を目的に実施した。NTTデータが開設したのは、100トン程度の少量の排出権も取引できる仲介サイト。あらかじめ決められた日に売り手と買い手から注文を受け付け、需給の仲介をすることで、排出権の受け渡し期間を大幅に短縮することを狙った。

 排出権が供給過多である現状を踏まえ、個々の買い手から購入希望量を受け付けて需要量を押さえた上で、相当する量の販売申し込み量を売り手から受け付ける仕組みとした。排出権の受け渡し手続きを見直すことで、申し込みから受け渡しまで通常1カ月間を要する手続き期間を約2週間に短縮できたという。

 今回の試験運用では、NTTデータ経営研究所が主催するカーボンオフセット・プロダクツ・プロジェクトのプログラムを用いて、大成建設の1773トン相当の京都クレジット購入を仲介した。

 NTTデータでは仲介サービスを2010年度内に事業化したい考えだ。

-PR-企画特集