logo

シャープ、グリーンフロント堺の完成披露式を開催--液晶パネルは生産能力を倍へ

加納恵(編集部)2010年04月16日 18時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月16日、大阪府堺市の液晶パネルと太陽光発電装置などの製造を手掛ける「グリーンフロント 堺」の竣工披露式を開催した。同社の代表取締役会長である町田勝彦氏や、広告キャラクターを務める女優の吉永小百合氏などが出席した。

シャープ代表取締役会長の町田勝彦氏 シャープ代表取締役会長の町田勝彦氏

 完成にあたり、代表取締役会長の町田勝彦氏は「グリーンフロント 堺で液晶パネル工場の建設がスタートしたのは、2007年の11月。2009年10月から稼働し、2年弱の短期間で建設から稼働までできたことは画期的だと考えている」とコメントした。

 液晶パネル工場では、7月に生産能力を引き上げることも発表。現在の月産3万6000枚から、月産7万2000枚へと増強される。「エコポイントの影響で、国内のテレビは3月末に販売店やメーカーの在庫が完全になくなり、相変わらず引き合いも活発だ。また太陽光発電装置に関しても、住宅用が前年比2倍のペースで動くなど、堅調な伸びを示している。液晶テレビと太陽電池ともに需要が期待されており、フォローの風が吹いている。スムーズに生産をスタートでき喜んでいる」(町田氏)と、両事業ともに好調に推移していると話した。

 グリーンフロント 堺の液晶パネル工場では、サイズ2880mm×3130mmの第10世代マザーガラスを採用。独自の光配向技術「UV2A技術」による40型以上の液晶パネルを生産している。今後はUV2A技術に加え、R(赤)、G(緑)、B(青)に加え、Y(黄)を加えた4原色技術を搭載した液晶パネルなどを製造していくとのことだ。

  • 「グリーンフロント 堺」の進出企業代表者

  • テープカット風景。中央には女優の吉永小百合氏

-PR-企画特集