logo

三洋電機、ムービーカメラ「Xacti」にタテ型、ヨコ型から選べる新製品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は4月8日、ムービーカメラ「Xacti」シリーズの新製品として「Xacti DMX-CG100」と「Xacti DMX-GH1」を発表した。4月16日に発売する。店頭想定価格はいずれも3万5000円前後の見込みだ。

 DMX-CG100はスリムコンパクトな外観を採用したタテ型であり、DMX-GH1はヨコ型。両機種ともに携帯性を重視したスリムボディに、解像度1920×1080(60i)のフルハイビジョンムービーと1400万画素静止画撮影機能を搭載した。撮像素子は1/2.33型のCMOSセンサを採用。SD、SDHC、SDXCカードへの記録が可能だ。

Xacti DMX-CG100 「Xacti DMX-CG100」

 ムービーフォーマットには、「MPEG-4 AVC/H.264」を採用。ムービーファイルを静止画と同じようにサムネイル表示できるほか、Windows Media Playerでのダイレクト再生やWindows Liveムービーメーカーを使用した編集などが可能だ。

 イメージセンサ上の映像取り込み領域をワイドモード(40〜240mm)とテレモード(80〜480mm)の2種類から切り替えて使える、最大12倍の「ダブルレンジズーム」を搭載。ワイドから遠景のズームアップまで広い撮影範囲をカバーできるという。

 ヨコ型のDMX-GH1には、通常撮影用の録画ボタンに加え、本体上面前部に撮影ボタンを設けた、「ダブルサブRECボタン」を装備。ローアングル撮影時の楽な姿勢を実現し、子どもやペットと同じ視点で撮影できる。

Xacti DMX-GH1 「Xacti DMX-GH1」

-PR-企画特集