logo

AOL、Beboの売却または閉鎖を検討か--米報道

文:Sam Diaz(ZDNet.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年04月07日 15時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOLは米国時間4月6日、ソーシャルネットワーキングサイトBeboを売却または閉鎖することを認めたという。Beboは、競争の激しい市場と、競争のための投資に消極的な親会社の犠牲者だ。AOLは5月末までに同サイトの運命を決める予定だ。

 AOLは、Time Warner傘下であった2008年3月にBeboを8億5000万ドルで買収した。しかしBeboは、英国では最も人気のあるソーシャルネットワーキングサイトの1つだが、同国以外ではその名を上げることに苦労してきた。米国ではあまり勢いを得ることはなかった。AOLは従業員にあてたメモで、次のように述べている。

 「残念ながら、Beboは悪化が続いている事業だ。したがって、競争の激しいソーシャルネットワーキング分野で戦おうとすれば、大規模な投資が必要となるだろう」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集