アドビ システムズ、「Flash Player 10.1」リリース候補版を公開

文:Seth Rosenblatt(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年04月07日 13時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは、Flashプラグインの最新バージョンを、リリース候補版として公開したことを発表した。Flashはウェブ上のほとんどのビデオコンテンツを実行するのに必要だ。「Windows」「Mac」、Linux向けの「Flash Player 10.1」リリース候補版のユーザーは、H.264のビデオを見たり、Flashベースのゲームをプレイしたりする際、使用するリソースが大幅に減少していることに気付くだろう。Adobeによれば、新バージョンはパフォーマンスの改善により、バッテリの消耗も抑えるという。

 2010年には、Flash Player 10.1におけるスマートフォンのサポートが期待されているが、まだすぐには出荷されないだろう。このリリース候補版における、最終ベータ版からの変更点の一覧はPDFで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加