logo

アップル、App Storeで電子書籍アプリケーション「iBooks」の提供開始

文:Topher Kessler(Special to CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2010年04月05日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手が「iPad」対応アプリケーションを相次いで発表する中でAppleは、大々的に宣伝している電子書籍アプリケーション「iBooks」の提供を「iTunes App Store」で開始した。iPadユーザーはiBooksを使って多数の電子書籍にアクセスし、整理することができる。iBooksは「iPhone OS」上で動作するが、システム要件ではiPadのみで利用可能となっている。

 Amazonの「Kindle for iPhone」は2009年にリリースされ、iPad対応も発表されたばかりだが、iBooksはKindle for iPhoneのApple版と言える。iBooksにはイラスト入りの「クマのプーさん」が付いていて、書体は5種類から選択でき、フォントサイズも変更可能だ。また、快適に読める明るさにバックライトを調整することもできる。

 これらの機能に加え、「iBookstore」にアクセスしてダウンロードしたり、ビルトインの検索エンジンで語句を探したり、重要な箇所をブックマークしてハイライト表示したり、選んだ一節をビルトインのテキスト読み上げ機能を使って聴いたりできる。また、デジタル著作権管理(DRM)フリーであれば、ePubフォーマットの書籍を「iTunes 9.1」以降のソフトウェアを使ってインポートできる。

 iBooksを利用するための要件は次のようになっている。

  • iBooksを利用するにはiPadユーザーでなければならない。
  • iBookstoreは米国のユーザーに対してのみ提供される。
  • iBookstoreからダウンロードするにはiTunes Storeのアカウントが必要となる。
  • iBooksはePubフォーマットの電子書籍にのみ対応する。

  • iBookstore以外からePub文書をiBooksに追加するためには、DRMフリーでなければならず、iTunes 9.1以降を利用してiPadとシンクさせなければならない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集