logo

ゼロックス、会長のアン・マルケイヒー氏が退任へ

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年03月31日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Xeroxは米国時間3月30日、同社の会長兼取締役であるAnne Mulcahy氏が5月20日付けで退任することを明らかにした。

 Mulcahy氏の退任後は、現最高経営責任者(CEO)であるUrsula Burns氏が即日付けで会長職を兼任することになる。

 Mulcahy氏は2009年7月にCEOのポストをBurns氏に譲っており、Mulcahy氏のXeroxでの34年間のキャリアは、今回のニュースで幕引きとなる。

 2001年にはCEO、2002年には会長として指揮を執ったMulcahy氏は、業績悪化やレイオフ増加に苦しんでいたXeroxを回復軌道に乗せた功績がある。

 同氏は1976年に販売員としてXeroxでのキャリアをスタートさせた後、販売や人事、マーケティングといった部署で管理職を歴任するなど、その長い在籍期間中に同社の出世の階段を上っていった。CEOや会長に就任する前の2000年には、プレジデント兼最高執行責任者(COO)の職務に就いている。Mulcahy氏は現在57歳。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]