logo

アップル、「iPad」商標を富士通より取得

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年03月29日 10時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad」発表時、Appleはその名称について商標を取得してなかった。だが、同製品の米国発売を今週末に控えた現在、Appleは、富士通との交渉を経て、同商標を取得した。

 ブログPatentAuthorityは米国時間3月26日、米特許商標庁(USPTO)の文書から、富士通が17日にiPadの商標をAppleに公式に引き渡したことを突き止めた。富士通は2003年にiPadの商標を獲得している。同社がAppleに同商標を譲渡するに当たり何らかの補償を得たとしても不思議ではないが、この件については公表されていない。

 iPadの名称について、Appleの所有権を示す文書は次のようになっている。

文書のスクリーンショット 提供:Erica Ogg/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集