logo

東芝、2.5型HDDに750Gバイトモデルを追加--業界最高の面記録密度を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月25日、2.5型の磁気ディスク装置として記憶容量750Gバイトを実現したHDD「MK7559GSXP」を発表した。4月からサンプルを出荷する。

 MK7559GSXPは、磁気ヘッドやディスク磁性層の改善により業界最高の面記録密度839.1Mbit/平方ミリメートルを実現。これにより2.5型HDDとして業界最大の記憶容量750Gバイトを実現した。

 エネルギー消費効率は、従来機種と比べて約14%向上。さらにEU RoHS指令に適合し、ハロゲンフリーの素材を用いている。

 MK7559GSXPでは、ディスク2枚構成を採用しているが、ディスク3枚構成の1Tバイトモデル「MK1059GSM」も併せて商品化するとのこと。こちらは3月末から量産する。

 ハイエンドのノートPCやデスクトップPC、外付けHDD、ハイビジョン映像などの長時間記録が求められる録画機能付き薄型テレビ、HDDレコーダなどへの採用が見込まれている。

「MK7559GSXP」 「MK7559GSXP」

-PR-企画特集