logo

KDDI America、母国の家族とプリペイド度数を分け合えるケータイサービス--在米移民向けに

松田真理(マイカ)2010年03月24日 11時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIの100%子会社であるKDDI Americaは4月1日より、米国で提供しているプリペイド携帯電話サービスにおいて、国外のプリペイド携帯電話と国際電話の通話度数が分け合えるサービス「国際通話度数シェア」を提供する。

  • 「国際通話度数シェア」サービスの利用方法

 国際通話度数シェアは、主に在米移民向けのサービスとして提供する。母国の家族などが持つプリペイド携帯電話と国際通話度数を分け合えるため、国際電話を多用する在米移民とその家族の利便性が向上するとしている。なお、国際通話度数を分け合う際には手数料が別途発生する。

 サービスに対応する国は、ドミニカ共和国、エジプト、ハイチ、メキシコ、ブラジル、ボリビア、インドネシア、フィリピン、ロシア、ベトナム、中国、トルコ、インド、パキスタン、スリランカの15カ国で、順次拡大する予定だ。

-PR-企画特集