logo

JR東日本、成田エクスプレスの液晶案内装置にUQ WiMAXを採用

松田真理(マイカ)2010年03月18日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは3月17日、JR東日本の新型成田エクスプレス「E259系」内にある大型液晶案内装置へのコンテンツ配信回線として、UQ WiMAXが採用されたと発表した。JR東日本は車内の乗客に向けて、天気、ニュース、フライト情報、広告などを配信する。

 これまでJR東日本では、コンテンツ配信回線に他キャリアのデータ通信サービスを利用してきた。高速大容量かつ低コストという点からWiMAXの採用を決定したという。WiMAXを使うことで、タイムリーな情報や、動画コンテンツを配信したい考えだ。

 なお、UQコミュニケーションズでは、2009年10月より新型成田エクスプレス内でUQ WiMAXの無料オプションサービス「UQ Wi-Fi」を提供している。また2010年2月からは車内でUQ WiMAXとUQ Wi-Fiが申し込めるようにした。

通信構成 大型液晶案内装置の車上と地上間通信構成

-PR-企画特集