logo

パナソニック、高音質設計・簡単操作のポータブルステレオCDシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3月15日、高音質設計で簡単操作のポータブルステレオCDシステム「RX-D45」を発表した。4月9日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格は1万2000円前後となる。

 RX-D45は、直径8cmのフリーエッジスピーカーを搭載し、左右独立構造の大容量スピーカーキャビネットとバスレフポートを採用することにより、コンパクトながら迫力あるサウンドを再現するという。

 CDトレイには、ディスクの出し入れがしやすい電動式フロントローディング方式を採用。CD-R/RWの再生も可能だ。本体には、FM/AMチューナとカセットテープも搭載している。

 また、RX-D45のメインターゲットを中高年層とし、カラオケの練習や習い事などに利用できるマイク端子を装備。さらに、低電力回路技術により、消費電力約0.4Wを実現した。

 AC電源のほか、単2形乾電池8本でも駆動する。本体カラーは、ホワイトのみとなる。

「RX-D45」 「RX-D45」

-PR-企画特集