logo

アップル、「iPad」の供給遅れはない見込み--海外報道

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2010年03月05日 09時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad」の複数のコンポーネントサプライヤーは、一部報道で供給遅れが指摘されていた点を否定して、メーカー向けに予定通りにパーツを供給していることを明らかにした。

 DigiTimesは現地時間3月3日、複数のサプライヤーからの情報として、これまで長年に渡るAppleの製造パートナーとなってきたFoxconnが、3月中に60万台から70万台のiPadを発送可能であると報じた。また、生産台数が増加するため、4月には100万台のiPadを発送可能であるとの見通しも、同じく複数のサプライヤーによって示されているという。

 これは、今週に入って、Canaccord AdamsのアナリストであるPeter Misek氏が出したリポートとは大きく異なっている。Misek氏は1日、製造に関する問題が生じているため、iPadが市場で発売される台数は制限を受けることになる可能性があると述べた。

 同氏は、消費者のもとに届くiPadの台数が、わずかに30万台になるとの予測を示した。また、この製造の問題によって、iPadの発売が1カ月は延期されることもあり得ると、同氏は推測している。

 とはいえ、Misek氏のリポートが出されても、AppleはWiredに対して「3月下旬にiPadは発売される予定だ」と語ったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]