logo

京セラ、滋賀に太陽電池セルの新工場--生産量は2012年度1ギガワットへ

加納恵(編集部)2010年03月02日 18時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京セラは3月2日、滋賀県野洲市に太陽電池セルの新工場を竣工したと発表した。多結晶シリコン型太陽電池セルを生産するほか、新型太陽電池セルの開発などを手がける。稼働開始は6月を予定。工場内に太陽電池発電システムの設置も検討している。

 あわせて、太陽電池セル生産量を上方修正した。2010年度に550メガワット、2011年に650メガワットとしていた生産量は、それぞれ600メガワット、800メガワットへと引き上げられる。生産は新工場と滋賀県東近江市の滋賀八日市工場の2拠点で手がけ、2012年度には1ギガワットの生産量を目指すとのことだ。

 販路も強化する。国内では独自の販売網「京セラソーラーフランチャイズ店」を、現在の87店舗から2010年春に100店舗、2011年3月までに150店舗へと拡充する予定とのこと。海外においては、欧州と米国の販売代理店を、2010年春にそれぞれ100社規模へと拡大させるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]