logo

ジョブズ氏、当選者へ自ら電話--「iTunes Store」100億曲ダウンロード企画でサプライズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのプロモーション企画「iTunes Countdown to 10 Billion Songs」で、「iTunes Store」から100億曲目の楽曲をダウンロードした人物に当選の連絡をしたのは、同社の最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏自身だった。Rolling Stoneが米国時間2月25日に報じた。同報道によると、当選者のLouie Sulcerさんは、「AppleのSteve Jobs」と名乗る人物から電話を受けたという。Sulcerさんは当初、その人物をいたずら好きの息子だと思い、「おや、そうかい。それで本当は誰なんだ」と問いただしたという。その後、電話番号通知に「Apple」と表示されているのを見て、自分が当選者ということを信じた、とSulcerさんは述べている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]