logo

1月の地デジ受信機出荷台数、4カ月ぶりに連続増加がストップ--JEITA発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)は2月24日、 2010年1月の地上デジタルテレビ放送受信機における国内の出荷実績を発表した。

 これによると、地上デジタル放送受信機器の出荷実績は178万7000台。前月実績の365万7000台を下回り、2009年9月以降の連続増加に歯止めがかかった。しかし前年同月比では76.3%増と大幅に出荷台数を伸ばしている。

 内訳では、テレビが111万2000台で8カ月連続の100万台超えを記録。1月時点における地上デジタルテレビのカラーテレビ全体に占める割合は、99.8%となった。

 そのほかの地上デジタル放送対応機では、チューナが16万8000台と前年比で1198%増と大幅に伸長した。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]