logo

フォトレポート:改造コンピュータ展Rods & Mods--独創的な筐体の数々

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月24日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 先々週の週末、サンフランシスコのExploratoriumで開かれた改造コンピュータの展覧会で、ハッカーやアーティストたちがそれぞれの個性的なスタイルを披露した。

 制作者たちは、高速で動作するハードウェアを、「スター・ウォーズ」からビーバー、ゲーム機からアリの巣にいたるまで、非常に面白い筐体に詰め込み、コンピュータの可能性を再定義した。

 この写真の「Sandcrawler」筐体は、David "artoodeeto" Benjamin氏によって改造されたもので、「スター・ウォーズ」で使用された模型をかなり正確に再現している。大きさもほぼ同じで、143個のLEDライトを備え、コクピットには小さなR2-D2がいる。この作品には、Advanced Micro Devices(AMD)の「Phenom II」クアッドコアプロセッサとZalmanの「9500」ヒートシンク/ファン、4GバイトのデュアルチャネルRAM、OCZ Technologyの「OCZ Vertex」120GバイトSSDが収められている。

 このRods & Mods: The Kustom Kulture of Radical Computer Modificationは、Exploratoriumで米国時間2月12日から14日まで開催された。
Scroll Right Scroll Left

 先々週の週末、サンフランシスコのExploratoriumで開かれた改造コンピュータの展覧会で、ハッカーやアーティストたちがそれぞれの個性的なスタイルを披露した。

 制作者たちは、高速で動作するハードウェアを、「スター・ウォーズ」からビーバー、ゲーム機からアリの巣にいたるまで、非常に面白い筐体に詰め込み、コンピュータの可能性を再定義した。

 この写真の「Sandcrawler」筐体は、David "artoodeeto" Benjamin氏によって改造されたもので、「スター・ウォーズ」で使用された模型をかなり正確に再現している。大きさもほぼ同じで、143個のLEDライトを備え、コクピットには小さなR2-D2がいる。この作品には、Advanced Micro Devices(AMD)の「Phenom II」クアッドコアプロセッサとZalmanの「9500」ヒートシンク/ファン、4GバイトのデュアルチャネルRAM、OCZ Technologyの「OCZ Vertex」120GバイトSSDが収められている。

 このRods & Mods: The Kustom Kulture of Radical Computer Modificationは、Exploratoriumで米国時間2月12日から14日まで開催された。

提供:James Martin/CNET

 先々週の週末、サンフランシスコのExploratoriumで開かれた改造コンピュータの展覧会で、ハッカーやアーティストたちがそれぞれの個性的なスタイルを披露した。  制作者たちは、高速で動作するハードウェアを、「スター・ウォーズ」からビーバー、ゲーム機からアリの巣にいたるまで、非常に面白い筐体に詰め込み、コンピュータの可能性を再定義した。  この写真の「Sandcrawler」筐体は、David "artoodeeto" Benjamin氏によって改造されたもので、「スター・ウォーズ」で使用された模型をかなり正確に再現している。大きさもほぼ同じで、143個のLEDライトを備え、コクピットには小さなR2-D2がいる。この作品には、Advanced Micro Devices(AMD)の「Phenom II」クアッドコアプロセッサとZalmanの「9500」ヒートシンク/ファン、4GバイトのデュアルチャネルRAM、OCZ Technologyの「OCZ Vertex」120GバイトSSDが収められている。  このRods

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]