logo

Facebook、PayPalとの提携を発表

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2010年02月19日 14時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FacebookがまたしてもEコマース市場に徐々に進出する動きを見せている。同社は米国時間2月18日、eBayが所有する決済システム会社PayPalとの「戦略的提携」を発表した。セルフサービス広告や仮想通貨「Facebook Credit」の購入に、PayPalの技術を利用できるようにするという内容だ。

 Facebookの決済事業担当ディレクターであるDan Levy氏はプレスリリースの中で、「当社のサービス全般において、Facebookの利用者や、広告主、開発者に、速くて信頼できる決済方法を提供したい」と述べている。「当社の事業が拡大するにつれ、手近な決済方法の提供が、『Facebook Ads』の購入を希望する広告主にとってますます重要になってきた。オンライン決済の世界的なリーディングカンパニーであるPayPalとの提携によって、これが可能になる」

 PayPalは、クレジットカードを持っていない顧客が決済方法として利用することが多い。小規模な企業がFacebookで広告スペースを購入するのがひときわ難しい国際市場では便利な方法だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]