logo

ソニー、有機ELテレビ国内販売撤退の報道受けコメント--技術開発は継続

加納恵(編集部)2010年02月16日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月16日、ソニーが次世代ディスプレイ有機ELテレビの国内販売から撤退すると一部のメディアが報じた。国内で販売されている11型の有機ELテレビ「XEL-1」はすでに生産終了となっている。

 ソニーでは「青少年ネット規制法により、有害サイトのフィルタリング機能を持たない製品は、2010年4月以降の出荷が認められないということを受けてのもの。XEL-1は2007年12月発売で、これに対応しておらず、今回は生産完了という形で対応している」とした。また、海外での販売に関しては、以降も続行するとのことだ。

 今後に関しては「引き続き技術開発は進めていく。テレビに限らず有機ELを生かせるアプリケーションを探している」(ソニー)とコメントしている。

 XEL-1は、2007年12月に発売された世界初の有機ELテレビ。最薄部は約3mmの薄型ボディと100万対1以上という高コントラスト、高い動画応答速度などの点から、次世代ディスプレイとして注目を集めた。

 ただし、11型という小型サイズながら価格は20万円と高価。2007年の登場以来新製品は発売されておらず、2月1日に生産終了のお知らせを製品ページに掲載したという。

-PR-企画特集