logo

2009年の家電・IT市場はエコポイント、Windows 7が売り上げに貢献--GfK調べ

加納恵(編集部)2010年02月15日 21時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジーエフケーマーケティングサービスジャパン(GfKジャパン)は2月15日、2009年の家電とIT市場の販売動向を発表した。市場全体では、厳しい景況感は拭えなかったものの、家電量販店における金額前年比は4.1%増と伸長した。エコポイント制度による薄型テレビ、冷蔵庫の販売数量増、Windows 7効果による個人向け市場のデスクトップPCなどが売り上げに貢献したようだ。

 薄型テレビでは、数量ベースで前年比34%増の1394万台を販売。平均単価は引き続き下落したが、販売数量増により、金額ベースでも18%増を記録した。特に液晶テレビは数量ベースで同39%増となる1270万台を売り上げ、液晶テレビ単独ではじめて1000万台を突破したとのことだ。2010年もエコポイント制度の継続、地上デジタル対応テレビへの買い替えと、引き続き需要拡大が見込まれているという。

 同じくAV製品となるデジタルレコーダーでは、数量ベースで前年比4%増の761万台となった。ただし、売れ筋がDVDレコーダーに比べ約4万円の単価アップとなるBlu-ray Discレコーダーにシフトしていることから、金額ベースで10%増の二けた成長を記録。Blu-ray Discレコーダーの市場規模は数量ベースで同103%増の292万台に達しているとのことだ。

 PC市場は、数量ベースで同2%減の1373万台となった。マイナス成長の要因は、法人向け市場が企業の投資抑制の影響を受けたこと、個人向け、法人向けともに平均単価が下落したこと、などが挙げられている。ただし、個人向け市場でノートPCが堅調に推移し数量ベースで同10%増、さらにマイナス成長が続いていたデスクトップPCが数量、金額ともにプラス成長に転じるなど、Widows 7発売効果が現れたとしている。

 2年ぶりに販売数量が1000万台を割り込んだデジタルカメラ市場では、数量ベースで同10%減の955万台を記録。コンパクトカメラは平均単価が同9%減の2万3700円に下落し、金額ベースでは同20%減になった。ただし、オリンパスやパナソニックが手がけるマイクロフォーサーズ規格のデジタル一眼カメラは新セグメントとして市場の認知を獲得し、下半期には一眼レフ市場の15%を占めるまでに成長したとのこと。こうした好転材料もあり、下半期の販売数量はマイナス幅が縮小しているとのことだ。

 数量ベースで同13%減の3420万台と2年連続で二けた減となった携帯電話は、下半期のマイナス幅が8%にとどまり、底打ち感が見られたとのこと。数量構成比が8%を占めるまでに成長した「iPhone」、1000万画素以上の高画素カメラ搭載モデルなどの売れ筋商品もあり、下半期は回復傾向に転じたとしている。高画素カメラ搭載モデルは数量構成比で19%を占めており、2010年は売れ筋の主流になるとした。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]