logo

フォトレポート:バンクーバー冬季五輪を伝える通信機器と技術者たち

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月16日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 現地時間2月12日に開幕した2010年バンクーバー冬季五輪の様子を電送するには、5000kmほどのケーブルと、膨大な数の作業者の努力を必要とする。

 この写真では、Bell Canadaの技術者が、Whistler Olympic Parkの放送機器の終端点で点検をしている。
Scroll Right Scroll Left

 現地時間2月12日に開幕した2010年バンクーバー冬季五輪の様子を電送するには、5000kmほどのケーブルと、膨大な数の作業者の努力を必要とする。

 この写真では、Bell Canadaの技術者が、Whistler Olympic Parkの放送機器の終端点で点検をしている。

提供:Bell Canada

 現地時間2月12日に開幕した2010年バンクーバー冬季五輪の様子を電送するには、5000kmほどのケーブルと、膨大な数の作業者の努力を必要とする。  この写真では、Bell Canadaの技術者が、Whistler Olympic Parkの放送機器の終端点で点検をしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]