logo

グーグル、スーパーボウルでCMを放映--検索キーワードはバレンタインデー仕様か

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月08日 17時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleがSuper BowlにCMを出すのは初めてのことだった。さらに言うと、そもそも同社のテレビCMはほとんどなく、その数少ない例となった。カリフォルニア州マウンテンビューを本拠とするテクノロジ大手Googleは米国時間2月7日、Super Bowl XLIVの第3クォーター中に、「Parisian Love」(パリの恋)というCMを放映した。これは、Googleの検索キーワードという形で恋物語を綴ったバレンタインデーの時期にぴったりのCMだ。

 CMでは検索キーワードが時とともに移り変わっている。キーワードは「study abroad paris france」(フランス パリ 留学)から始まり、「how to impress a french girl」(フランスの女性にもてるためには)、「what are truffles」(トリュフとは)を経て、やがて「long-distance relationship advice」(遠距離恋愛のアドバイス)に至り、最後には「how to assemble a crib」(ベビーベッドの組み立て方)となる。

 GoogleがSuper BowlにCMを出すという話は、同社の最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏がTwitterへの投稿で、第3クォーター中に放映されるだろうとほのめかしたときから広まった。一時はスマートフォン「Nexus One」を宣伝するCMになるといううわさ(結局は事実でないことが判明したが)も流れた。ふたを開けてみると、「Parisian Love」は2009年11月19日からGoogleの広告キャンペーン「Search Stories」の一環としてYouTubeで公開されているものだった。Super Bowlの時点まではオンラインでだけ見ることができた。YouTubeでの視聴回数は100万ビュー超に達していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]