logo

「iPadの販売台数は2012年までに800万台」--米アナリストの予測

文:Jim Dalrymple(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月04日 17時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad」が実際にどれほど売れるかについてのアナリスト予測が何らかの指標になるとすれば、Appleの前途は洋々としている。

 Needham & CompanyのCharlie Wolf氏は米国時間2月3日、クライアント向けの調査報告書の中で、Appleは2010会計年度に200万台のiPadを販売し、2011年にはさらに600万台を販売すると予測したという。AppleInsiderが報じた

 興味深いのは、Wolf氏がiPad販売台数の半分以上は「iPod touch」から奪う形でもたらされるだろう、と話していることだ。iPadはAppleのiPod touchを大きくしたようなものだと、多くの人が言っている。

 もちろん、iPadの販売台数に関して、Wolf氏より大きな数字を予測しているアナリストもいる。IDCのアナリストRichard Shim氏は先週、米CNETに対して、Appleは2010年に400万〜500万台のiPadを販売するだろうと述べ、Wolf氏の約2倍の販売台数予測を示した。

 Wolf氏は、Appleの売上増を後押しするiPadにとっての促進要因が何になるかを見ていると言う。同氏はその例として、「iPod」にとっての「iTunes Store」、「iPhone」にとっての「App Store」を挙げた。

 Appleは、この2つのデバイス向けに構築したインフラストラクチャ、そして「iBooks」に、今後2年間にわたってiPadの販売を促進するものとして依存することになるのかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]