logo

PeX、ソーシャルアプリ向け少額決済サービス「payca」をmixiアプリ「ミクモン」に提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PeXは1月17日、同社のソーシャルアプリ向け少額決済サービス「payca(ペイカ)」導入の第1弾として、ngi groupが運営するmixiアプリ「ミクモン」に提供した。

 paycaは、PeXが提供するソーシャルアプリ向けの少額決済サービス。「BitCash」や「WebMoney」などの電子マネーによるチャージや、PeXが提携するサービスを利用して貯めた「PeXポイント」を使ってソーシャルアプリでの決済ができる。法人、個人ともに導入可能で、初期費用や月額固定費は無料となっている。

 今回paycaの導入が決まったミクモンは、mixiに登録しているユーザープロフィールをもとに、能力や容姿の異なるモンスターを自動生成する育成ゲーム。モンスター用のアイテムを購入したり、ほかのモンスターと対戦をしたりすることでモンスターを育成し、mixi内の友人であるマイミクシィ(マイミク)たちとの間でコミュニケーションを図る。

 今回のpayca導入により、ミクモンユーザーはpaycaを使ってアプリ内通貨「ビリー」の購入が可能となった。またngi groupでは、payca導入に合わせてミクモンのアイテムショップを拡充したほか、ミクモンへの継続的なログインやマイミクの招待などでビリーを獲得できる機能を追加した。

 PeXでは今後、現金やクレジットカードなど、paycaへのチャージ手段を拡充する予定。2010年末までに100サービスへの導入を目指すとしている。

-PR-企画特集