logo

三菱自動車とさいたま市、電気自動車の普及で協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱自動車工業と埼玉県さいたま市は1月26日、さいたま市が進める電気自動車の普及プロジェクト「E-KIZUNA Project」を共同で推進していくことに合意したと発表した。三菱自動車は、さいたま市に電気自動車「i-MiEV」を納車した。

 今回の合意により、両者は電気自動車に関連した新しいビジネスモデルを共同で検討する。また、誰でも使える充電設備を市内に整備するとともに、タクシーや営業車両へ電気自動車を導入するよう促す。電気自動車を使ったカーシェアリングも推進したい考えだ。さらに、電気自動車の試乗会など、地域密着型の啓発活動でも連携していく。

 さいたま市に納車されたi-MiEVは10台。同市に電気自動車が納車されるのは今回が初めてで、納車されたi-MiEVは「青色防犯パトロールカー」として使われる。

青色防犯パトロールカー 「青色防犯パトロールカー」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]